場面緘黙症の記事はコチラ

2018年はダイソーの塗り絵カレンダーをチョイス。自分色を出せるカレンダーって素敵すぎます

カレンダー

去年に続き、今年のカレンダーもダイソーのものをチョイスしました。

去年のはクラフト紙のシンプルなデザインで、部屋が一気におしゃれになるくらい洗練されていました。

今年も同じものにしょうかどうかと悩んでいたのですが、ふと隣を見てみたらおもしろいカレンダーが置いてあるではありませんが!

その名も『2018 塗り絵カレンダー』

ぬりえとカレンダーが一体になっている

最近のぬりえは大人を対象にしているものが多く売り出されていて、眺めているだけでも楽しくなります。

脳トレにも最適ですよね。

なんてったって絵が細かい。

よって色々な色を使わないといけない。(2、3色で仕上げるのも相当のテクニックが必要?!)

バランスを考えたり見た目を考えたり、完成間近のぬりえを見てワクワクドキドキしたり、脳には様々な刺激が与えられますよね。

使うカラーも色鉛筆、クーピー、絵の具、マーカーと豊富にあります。

それぞれ質感が違うので、ただ色を塗っているように感じるけれど、そこには様々な試行錯誤があります。

そんなぬりえとカレンダーが一体となったダイソーの塗り絵カレンダー、私用と子供たち用に2つ購入しました!

子供部屋と寝室に置く予定です。

さっそく色を塗ってみる

マーカーを使って、さっそくぬりえに挑戦してみました。

水性、油性、蛍光、色々あります。

塗るのは1月のキノコの群生。

キノコ
様々な模様や形のキノコが密集してます。

同じ種類のものが数個ずつあるので、とりあえず同じものは同じ色で塗ることに。

模様の色を最初に決めてしまうとキノコの色もなんとなく決まってきて、たいして悩むことなくスムーズに塗ることが出来ました。

では完成品をどうぞ!

ぬりえ完成
ワオ!カラフル~。

塗り始めてから完成までに要した時間は約2時間半。

正月疲れでぼんやりしていた脳が活性化されて、一度も休むことなく仕上げました!

お気に入りのキノコは向かって左側にあるミョーンと長い渦巻き模様のやつ。
キノコアップ

葉っぱも2色使いにしたところがこだわりポイント。

ピンクの蛍光色のキノコも可愛い。

って…自分の塗ったものをただ自画自賛しているだけの内容になってますね(-_-;)

それでは子供の作品もどうぞ。
子供作ぬりえ

工作や細かい作業の好きな次女が、1時間くらいかけて塗っていました。

ちょっとずつ時間をかけて完成させるそうです。

子供の集中力や色の感覚を養うのに、ぬりえっていいな~とつくづく思いました。

Sponsored Link

他の月のぬりえ

私が早く塗ってみたいと思っているのは4月。
木の塗り絵

バオバブの木みたいな大きな木。

木だからと単純に茶色系で攻めるか思い切ってカラフルにするか…

背景の空も青空にしようか夕暮れにしようか、思い切って夜にするか…

想像すると楽しいですね(^^)

カレンダー全体像

カレンダーの全体像を見てみましょう。
カレンダーと塗り絵

見開きになっています。

カレンダー部分は数字も大きく見やすいです。

そして、ちゃんとその日の予定を書き込めるスペースもあります。

私が気に入ったのは、カレンダーがただ白いだけじゃなく、うっすらとキノコの絵が浮き上がっているところ。
1月

おしゃれですね(^^)

Sponsored Link

さいごに

楽しい塗り絵カレンダーで我が家の2018年が始まりました。

子供の学習机の上には子供が塗ったカレンダーを置く予定。

完成した私の作成したカレンダーを寝室の壁に貼ったら、夫におもいっきり突っ込みを入れられてしまいました。

「目がチカチカする。少しもリラックス出来ない。別のやつにして」

「何を言うの。カラフルな色を見るのって、脳が活性化していいんだよ」

「それを寝室でやるな!」

確かに仰る通り…。

トイレにでも移動させるかと考え中です。

ぬりえアイキャッチ 2018年ダイソーぬりえカレンダー。私はこんなふうにぬってみました

 

応援よろしくお願いします!!
↓↓↓

人気ブログランキング

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。