美容効果と脳の健康に無添加くるみがおすすめな理由

time 2017/02/21

美容効果と脳の健康に無添加くるみがおすすめな理由

以前、認知症対策にはアロマオイルがいいよ!という内容の記事を書いたのですが、アロマテラピーと同じくらい効果があるということで、いっときくるみココナッツオイルが話題になりましたよね。

私はアロマもくるみもココナッツオイルも認知症対策として取り入れているのですが、今継続出来ているのはアロマとココナッツオイルだけ…。

徳用サイズをAmazonで購入してずっと食べていたんですよ、家族みんなで。

でも、私はあの生くるみの渋みがちょっと苦手…(^^;)

子供たちに「買ってよお~」とせがまれても、「う、うん。そのうちね(汗)」と誤魔化してここまで来てしまいました。

そんなわけでここら辺でもう一度、くるみの優秀たるゆえんを再確認してみようと思いまして、色々調べてみましたよー(*^_^*)

sponsored link

豊富な抗酸化成分がアンチエイジング、認知症対策、ガン予防になる

ワイン

くるみには抗酸化物質が豊富に含まれています。

なんとなんと、一つかみのくるみに含まれるポリフェノール量は、赤ワイン一杯に含まれる量よりも多いんだとか(゜Д゜)

すごいですねえ~!!

ポリフェノールの他にも、ビタミンE、メラトニン、βカロテン、ミリセチンといった抗酸化成分が多く含まれているので、活性酸素が原因で引き起こされるガン老化を予防してくれます。

さらに脳の酸化を抑制する働きもあるので、脳の健康、認知症対策にはもってこいの食材ということになりますね(^^)

α‐リノレン酸の効果

認知症対策としてくるみが注目されたのは、必須脂肪酸であるα‐リノレン酸を含み、これが体内でEPA、DHAに変化することによって、脳神経に作用し脳機能を向上させる効果があるからです。

α‐リノレン酸はEPA、DHAと同じオメガ3脂肪酸に分類されます。

オメガ3脂肪酸には血流を改善する効果があるので、脳神経細胞を活性化させるだけでなく、血栓を予防したり、悪玉コレステロールや血圧を下げたり、動脈硬化、脳梗塞、心臓病リスクを下げる働きもあります。

くるみを食べることで血管にまつわる病気を避けることが出来るのなら、取り入れない手はありませんね(^^)

トリプトファンの力

砂浜のハート

もう一つ、くるみを語る上で忘れてはならないのが、トリプトファンの存在です。

これは必須アミノ酸の一種で、脳内に運ばれるとセロトニンの原料となります。

セロトニンと言えば幸せホルモンと言われるくらい、脳の健康にはなくてはならないもの。

これが不足するとちょっとしたことにイライラしたり落ち込んだり、最悪の場合うつ病になってしまったりと、いいことはありません。

くるみを食べればセロトニンが増える、セロトニンが増えれば気持ちも明るくなる、気持ちが明るくなれば人生が楽しくなる…。

ただの木の実、リスの食べ物だなんて侮っていたら損しますね(^^;)

すぐにでもくるみをゲットしなくちゃ!!

くるみを食べ過ぎることによる副作用

でもちょっと待ってくださいね。

食べ過ぎることによる弊害ってのもあるんですよ。

まあ、これに関しては食べ物全体に言えることですよね(^^;)

何にしてもほどほどが良いんです。

体が悲鳴を上げるまで食べ続けたら逆効果ですもの。

まず、くるみは高カロリー。

おいしいおいしいとダラダラ食べていると、あっという間にカロリーオーバーになってしまいます。

それから、食べ過ぎることで逆に血栓が作られやすくなってしまうようです。

というのも、くるみに含まれている脂肪酸はオメガ3脂肪酸(α‐リノレン酸)だけではないんですね。

オメガ6脂肪酸のリノール酸も多く含まれています。

オメガ6系も必須脂肪酸なので体内にはなくてはならない存在なのですが、現代人はオメガ6脂肪酸を摂りすぎる傾向にあります。

過剰摂取がアレルギー症状の原因にもなったり、善玉コレステロールまでも一緒に低下させてしまい、結果血液がドロドロに…という自体を招くことになってしまいます。

ただ、くるみはα‐リノレン酸とリノール酸の比率が1:4でバランスが良いらしいです。

食べ過ぎない限りはとても健康に良い食品なのです。

一日25~30g(だいたい5~6個)が摂取目安だそうですよ!

くるみに含まれる栄養素

ここで少しまとめてみましょう。

抗酸化物質、α‐リノレン酸、トリプトファンが多く含まれているということは上述したとおりですが、それ以外にも豊富な栄養素がつまっているんです。

 

【くるみの栄養素】

  • タンパク質
  • 食物繊維
  • 葉酸
  • ビタミンA、B、C、E、K
  • チアミン
  • ナイアシン
  • カルシウム
  • カリウム
  • リン
  • マグネシウム
  • 鉄分
  • 亜鉛
  • セレン

食物繊維も含まれているので、便秘改善にも効果あり、新陳代謝を促進させるビタミン類や、ミネラルも含んでいるので美肌効果も期待できますね(^^)

ってことで、くるみの持つ効能をまとめてみましょう。

 

【くるみの効能】

  • 認知症予防(記憶力の向上)
  • ガン予防
  • アンチエイジング
  • 美肌効果
  • 滋養強壮
  • 便秘改善
  • 動脈硬化予防、改善
  • 血圧を下げる
  • ダイエット効果
  • 不眠症対策
  • 精神の安定

まさに万能な食品であるくるみ。

生くるみにはちょっとした渋みがありますが、しっかりと噛んで食べると旨味が出てきて、これがクセになります。

私のように渋みが苦手…という人はよーく噛んで旨味を引き出してくださいね。

おつまみ用に塩味が付いていたり油でローストしてあるものは、不要な塩分を摂ることになったり、酸化の問題もあるので、日常生活に取り入れるのなら無添加の生くるみがいいようです。

人生80年というこの時代。

出来ることなら健康な未来を手に入れたいものですね(^^)




自然派ナッツ&ドライフルーツ【Grand Nature(グランナチュレ)】

応援よろしくお願いします!
↓↓↓

人気ブログランキング

sponsored link

こちらの記事も人気です

管理人

チョーム

チョーム

30代も半ばを通り過ぎた3人姉妹の母親です。このブログでは口下手や人見知り、妊娠、出産にまつわることや、育児をする中での様々なエピソード、お役立ち情報など幅広くお伝えしていければと思っています。 [詳細]



sponsored link

子供に使う物だから安心安全の歯みがき粉を選びたい




【ドルチボーレベビートゥースペーストジェル】はパラベン、旧表示指定成分、合成着色料、鉱物油、研磨剤、洗浄成分、フッ素無添加の、子供に優しい歯磨き粉です。口ゆすぎが苦手な赤ちゃんにもオススメです♡

市販の子供用歯磨き粉って安全なの?口ゆすぎが出来ない子供はどうすればいい?

» 続きを読む