子育ては疲れる。そんなときこそ子供たちの面白エピソードを思い出してみよう

time 2017/09/22

子育ては疲れる。そんなときこそ子供たちの面白エピソードを思い出してみよう

久々の体調不良で、寝室でしばらく横になっていました。

うとうとしだした頃に長女の怒鳴り声が聞こえてきて、何事かと耳をそばだてていたら、次女三女の泣き叫ぶ声が゜゜(´O`)°

吐き気でふらふらしながら様子を見に行くと、次女がこう訴えてきました。

「ネエネがおトイレに閉じ込めた~!」

「何で閉じ込められたの?」

そう尋ねると、次女は鼻をグスングスン言わせながら言いました。

「なにもしてないもん!なのにネエネがチャン(次女)とタンタン(三女)を閉じ込めたあ~!」

なぬっ!その話は本当なの?

長女に問いただすと興奮ぎみにまくし立ててきました。

「だってお水遊びしちゃダメだって言ってるのに、いつまでもやめないんだもん!」

長女はお説教のつもりで閉じ込めたらしいですが、生意気盛りの妹二人が、

「簡単にドア開けられるし、平気だよ~」的な舐めた態度に出てきたので、外側からずっとドアを押さえていたらしいです(-_-;)

sponsored link

長女の叱り方が自分にそっくりだった

次女三女が長女に叱られたのは、洗面所で水を出しっぱなしにして遊んでいたからなのですが、様子を見に行くと思っていたより凄い有り様でした。

床には所々水溜まりが出来、洗面台には2つのジャガ○コの容器が潰れて置きっぱなし(-_-)

トイレはもっと酷く、便座は水びたし、床はトイレットペーパーが細かく千切られ散乱していました。

「ぬあ~~!」

といつものように叫びたいところでしたが、吐き気と頭痛が酷くて力も出ず、弱った体にムチ打って後片付けしましたよ…(*_*)

長女の怒りはなかなかおさまらず、自分たちに都合の良いことばかり言ってくる妹たちにガーガーまくし立てるんですが、その様子を静かに見ていた私、あることに気付いてしまいました。

怒りかた、自分と一緒じゃん…(´・ω・`)

客観的に自分のいつもの姿を見せられたような気分になり、何となく気分が沈みました。

だってなんか感情的で、しかも理屈っぽいんですもの(-_-;)

もう少し穏やかで優しいママになりたいな…。

心の底からそう思った1日でした。

2日連続体調不良なので子供達のおもしろ話で気分を上げようと思う

2日目(これを書いている今現在)も体調不良を引きずっていて本調子じゃありません(´;ω;`)

多分このブログをアップするのも明日か明後日になるんだろうな…。

こんな感じなので、今日は我が家の子供達のユニーク話を披露するだけの記事にしようと思います。

世の中にはこういう思考の子供達もいるんだな~程度の軽い気持ちで読んでみてください(^^;

ではいきましょー☆

ある日の次女三女との会話

登園の道中での次女三女との話。

三女:「あ、鳥のう○こ落ちてる!」

私:「鳥はう○ことは言わないんだよ。フンって言うの」

次女:「じゃあ猫は?」

私:「フン」

三女:「ワンワンは?」

私:「フン」

(こんなやり取りがしばらく続く)



次女:「馬は?」

私:「馬はバフンって言うんだよ」

次女:「……。」

何か考えている様子で黙りこむ次女。

次に出てきた言葉に一瞬思考が停止してしまいましたよ(^^;

次女:「…じゃあ、だっふんだは?」

私:「え?!だっふん…。そ、それは…。志村けんかな(-_-;)」

フンという言葉を何度も聞いていたのでついつい出てきてしまっただっふんだ

こんな小さな子供にも浸透しているなんて、志村けん恐るべし!(^^;

次女三女のリカちゃん遊びでのワンシーン

我が家の次女と三女はリカちゃん遊びが大好き。

いつも声をワントーン上げてリカちゃんになりきっているんですが、そのときの次女の言葉がかなりうけました。

三女が、次女のリカちゃんの着ているドレスを欲しがって、

「ねえ、そのお洋服ちょっと貸して」

と言った言葉に対し、

「今ダメなの。脇臭いから」

!Σ( ̄□ ̄;)

最強の返しですね(苦笑)

これなら、お洋服のトレードを断られてしまったリカちゃんも決して傷付かない…笑

いつでもどこでもやりたいときに

三女が最近逆立ちや前転にはまっていて、ところ構わず始めます。

こないだは、料理を作っている私の足元で突然逆立ち。

無言で母親の足に自分の足をかけ、えっちらおっちら徐々に逆立ちのフォルムを作っていく三女に、いったい母親である私はどんな言葉をかければよいのでしょう…。

今、料理作りの最中なんだぜ…。小さいお嬢さん。

想像してみてください。

一生懸命夕食を作る母親の足元で、ピンっと両足を天に突き伸ばした微動だにしない無言の倒立幼女を。

シュール過ぎます(-_-;)

長女最強伝説

小さなプリンセスソフィアにはまっていて、いつも3人でプリンセスごっこをやっている三姉妹。

長女はプリンセスの座を絶対誰にも譲りたくはないらしく、その事でいつもケンカになってしまうんですね。

次女はかろうじてプリンセスのお友だちにしてもらえるのですが、三女はどういうわけか、執事のセバスチャン。

もう知恵もついてきてるので、一丁前に「セバスチャンなんて嫌だあ~」と大泣きするわけです。

そこで私が言います。

「タンタン(三女)もプリンセスにしてあげなさいよ」

すると、長女が何を愚かなことを言っているんだこの母親はみたいな表情で言い返して来るんです。

「だってプリンセスは一人って決まってるんだもん」

「じゃあ、あんたがたまにはセバスチャンやってあげなよ」

「絶対嫌だ。プリンセスは私って決まってるの!」

長女、かなり手強いです。

あるときはケンカもせずにみんな楽しげにプリンセスごっこをやっていたので、耳をそばたてて会話を聞いていると…。

長女が三女に向かって、

「行きますわよ。セバー」

って言っているではありませんか(´;ω;`)

三女もご機嫌で、

「ええ、行きましょ。うふ」

とまるでプリンセスのようなセリフ。

だけど名前がなぜにセバー…。

長女を呼んで話を聞いたところ、ヒソヒソ声でこう言ってきました。

「タンタンはプリンセスだと思っているけど、本当はセバスチャンなの。気付いていないから絶対に内緒だよ」

長女の末恐ろしさを感じた日でした。

三女、なんか可哀想(-_-;)

ピクニックごっこに出てくる人達

次女三女のある日のピクニックごっこ。

床に新聞紙を広げて、自分達のリュックに沢山のおもちゃを詰め込んで遊んでいたのですが、よくよく会話を聞いてみると、配役が想像していたのと違っていました…汗

次女:「おい、それ俺のリュックだぜ」

三女:「じゃあ俺のリュックはどこにあるんだ」

次女:「知らねえぜ」

三女:「一緒に使おうぜ」

次女:「それはやだぜ。探してやるからお前も一緒に探すんだ」

三女:「おい、あそこにあったぜ」

男二人のピクニック…。

いったい二人はどんな関係なのでしょう。

とても気になります(苦笑)

3日目も変わらず体調不良を引きずっています

3日もかけて1つの記事を仕上げました。

ここら辺の文字はこのテーマに取りかかってから3日目にタイピングしているものです。

症状は腹部の鈍痛、胃部不快感、吐き気(からの嘔吐)、疲労感といったところ。

だいたい体が疲れているとこういう症状に見舞われるので、今回もそうなのでしょう。

確かに最近、睡眠不足が続いている…。

夜になると自分だけの時間が出来るので、どうしても睡眠時間をけずってあれやこれやとやりたくなってしまうんですよね(^^;)

その結果、頭が冴えてしまって深夜2時近くまで眠れないという最悪のパターン。

1日がもう少し長かったらな~。

体がもう1つあったらな~と最近本当に思います。

しかし、時間は限られているし、体は1つしか無い。

そしてこの体は私1人のものではない。

私が病気になったら家族に迷惑がかかってしまいます(-_-;)

夫や子供たちの何気ない日常を壊すわけにもいきません。

ということで、ちゃんと規則正しく生活していこうと思います。

 

応援よろしくお願いします!!
↓↓↓

人気ブログランキング

sponsored link

こちらの記事も人気です

管理人

チョーム

チョーム

30代も半ばを通り過ぎた3人姉妹の母親です。このブログでは口下手や人見知り、妊娠、出産にまつわることや、育児をする中での様々なエピソード、お役立ち情報など幅広くお伝えしていければと思っています。 [詳細]



sponsored link

子供に使う物だから安心安全の歯みがき粉を選びたい




【ドルチボーレベビートゥースペーストジェル】はパラベン、旧表示指定成分、合成着色料、鉱物油、研磨剤、洗浄成分、フッ素無添加の、子供に優しい歯磨き粉です。口ゆすぎが苦手な赤ちゃんにもオススメです♡

市販の子供用歯磨き粉って安全なの?口ゆすぎが出来ない子供はどうすればいい?

» 続きを読む