場面緘黙症の記事はコチラ

ダイソーの洗濯洗剤詰め替えボトルが液ダレなしでとっても優秀!ステッカーで自分好みに装飾してみました

洗濯ばさみ

洗濯洗剤用の白ボトルに憧れ、一番最初に購入したのが、セリアの詰め替えボトルでした。

四角い形がなんとも言えずおしゃれで、ステッカーを貼り付けたら一気に高級感も出てきて、使っていて楽しかったです(^^)

ステッカーボトル

 

ただ、使っているうちに液ダレが…!

最初のうちは拭き取ることで対処していましたが、きりがないということに気付いて泣く泣く処分しました。

そして次に購入したのが、ホームセンターの少し大きめの白ボトルでした。
詰め替えボトル

1000mlの容量があるので、お徳用の大きめ詰め替え洗剤を買ってきてナミナミ入れると、こまめに詰め替える手間がかからず、とってもラクチン。

こちらにもダイソーのステッカーを貼り付けて、お洗濯の時に見つめながらルンルンしてました(^^)

最初のステッカー。
ステッカーボトル

飽きてきた頃にステッカーの張り替え。(表)
ナイスステッカー

裏側。
レトロステッカー容器

ステッカーの良いところは、使っていて楽しい気持ちにさせてくれるところ、それから、飽きてきた頃に別のものに張り替えが出来るところ。

「HAVE A NICE day」と「LEMON」…どゆこと?

って感じですが(笑)

まあこれはこれで面白い!

柔軟剤を入れるボトルが欲しい

実家から柔軟剤を大量にもらってきていたのですが、強い香りが苦手でこれまで使わずに来ました。

それが、このたびようやく使う決断をいたしました。

というのも、雨の日の生乾きの匂いがどうも耐えられない、と家族から苦情が出てしまったもので…汗

ずっと消臭抗菌スプレーで対処していたのですが、スプレーだとどうしてもムラが出て、しっかりと匂いが取り切れていなかったりします。

しかも結構な手間。

それなら、最初から香りの強い柔軟剤を使って、生乾き臭が気にならなくすればいいのでは?とようやく思い至りました。

ただ、実家からもらってきた柔軟剤はすべて詰替用なので、ボトルがない!
ソフラン

セリアでまた詰替用ボトルを購入しようか…でも、また液漏れしたら嫌かも…。

と思い悩んでいたある日、別用で立ち寄ったダイソーで白い詰め替えボトルを発見!

ダイソーでも取り扱いがあったことを知らなかったので、テンション上がりました。
ダイソー詰め替えボトル

私の好きな四角だ!

ダイソー詰め替えボトルの特徴

セリアボトルとの違いは、フタ部分がブラックなところ。

こういうのが好きっていう人もいると思うけれど、私は全部白いバージョンが好きです。

でもまあ、そこは妥協して…。

用量は600mlです。

使用上の注意として、こう書かれていました。

「気圧、温度変化の大きい場所では液漏れの恐れがありますのでご注意ください。」
使用上の注意

我が家の洗濯機は脱衣所なので、お風呂のドアの開け閉めのときに多少の温度変化はあるかと思いますが、液漏れするほどではないと思います。

セリアボトルが液漏れをしたのは、もしかしたらボトルキャップを全部取り外して詰め替えたからかも…。
白ボトル分解

これをやらなかったら、もしかしたら液漏れも防げたかもしれません。

ということで、ダイソーボトルの方はキャップを全部はずすということは敢えて避けました。

注ぎ口の形状はこんな感じ。
ダイソーボトル注ぎ口

鋭角になっているので、軽量キャップに注ぎやすいです。

こういう細かいところの違いって、使いやすさを考えたときには、大きな違いになったりということもありますよね。

計量キャップにはメモリが付いています。

写真ではしっかりメモリが映っていますが、肉眼ではちょっと見づらいです。
ダイソーキャップ

いつも目測で入れています…汗

Sponsored Link

実際に使ってみた感想

使い始めて1週間が経ちました。

今のところ液だれもなく、キレイに使えています。

前回のセリアボトルは、やっぱりキャップをはずして入れ替えたのが良くなかったのかな(^^;)

四角くてコンパクトタイプのボトルなので、片手でもラクラク持てます。

これでキャップ部分がブラックじゃなくて白だったら完璧!

ステッカーを貼り付けてみる

それでは、今回もステッカーで装飾してみたいと思います。

選んだのはこちらのステッカー。
ステッカー

これを表と裏に貼り付けてみると…。

こっちが一応、表。
ボトルとステッカー1

そして、裏。
ステッカーとボトル2

ん~。どっちもいまひとつかな…。

でも、まあいいや。

とりあえずこれで使っていきたいと思います。

Sponsored Link

まとめ

ダイソーボトルは、液だれもなく、つかみやすく、注ぎ口もキャップに注ぎやすい形状なのでとても使いやすい詰め替えボトルでした。

ただ、まだ使い始めて1週間なので、液だれに関しては経過を観察していこうと思います。

セリアのボトルも、キャップ部分を全部はずさなかったら、もしかしたら液だれの心配はなかったのかもしれませんが、こればかりはなんとも分かりません。

セリアのものは、他にも固形洗剤用や食器用洗剤の詰め替え容器を使ってみたことがあります。

けれど、固形洗剤の容器はフタ部分がすぐ外れてしまうのでほとんど使い物にならず、早々に封印しました。

食器用洗剤の詰め替えボトルもダラダラと洗剤が漏れ出し、固まってしまい、見栄え的に良くないので処分しました(~o~)

ということを踏まえると…。

セリアの洗濯洗剤用の詰め替えボトルも、キャップ部分を取りはずすはずさないにかかわらず、液だれは免れなかった可能性大。

値段はたったの100円かもしれませんが、買ったからには末永く使い続けていきたいと思うものです。

今回購入したダイソーボトル、大事に使い続けていきたいと思います(^^)

created by Rinker
リビング(Living)
¥300 (2018/11/18 15:48:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

応援よろしくお願いします!!

人気ブログランキング