場面緘黙症の記事はコチラ

甘いものがやめられない人必見。ココナッツ花蜜シロップが美容、健康に効果があると言われる理由は?

ショートケーキ

甘いものってなかなかやめられませんよね(^^;)

罪悪感を抱きつつもついつい口に運んじゃう…。

お恥ずかしいことに、先頃受けてきた人間ドックの糖代謝検査で、わたくしことチョームはグレー判定を頂いてしまいました(゜Д゜)

全然肥満体型じゃないし(むしろガリガリ)、三女妊娠中に受けた糖尿病検査では異常なしだったので(3年前)、余裕かましまくっていました。

大好きなおやつだって、ちゃんと時間を決めて食べていたんです。

ダラダラと食べるようなこともしていないし、むしろ量は少なかったと思います。

だから不思議で仕方がない。

なぜグレーゾーンなのか…(T_T)

ココナッツ花蜜シロップとの出会い

時計3時

看護師さん曰く、おやつを食べるのなら食後間隔を開けずに食べたほうがよいとのこと。

血糖値の高い状態が続くのが良くないらしいです。

朝食で上がった血糖値が下がらないうちにおやつを食べてしまう、おやつで上がった血糖値が下がらないうちに昼食を食べてしまう、昼食で上がった血糖値が下がらないうちに3時のおやつ…では、高血糖状態がずっと継続しているということになってしまいます。

とはいえ、食後すぐなんてお腹いっぱいでおやつなんて食べたくない!というのがホンネ。

結局いまだにおやつの時間は午後3時ですね(^^;)(10時の間食はやってませーん)

おやつはどうしてもやめられない、でも病気にはなりたくない。

ならどうする?

・・・・色々考えてこんな結論にたどり着きました。

 

料理の砂糖、やめる。

 

カンジダ対策で長らく砂糖からオリゴ糖に替えていたのですが、症状の緩和と同時になんとなーくまたお砂糖に戻ってきていました。

だって、値段安いんですよ(汗)。

使いやすいし(^^;)

でも、健康のためにはやっぱり上白糖は避けなければならないんです。

そんなわけで再びオリゴ糖復活。

そして今回我が家の食卓に仲間入りした新顔さんがコレ。
↓↓↓

ココナッツ花蜜シロップ

その名も濃縮ココナツ花蜜シロップ

カンジダ対策やインフルエンザ、ノロウイルス対策としてココナッツオイルを生活に取り入れているのですが、その絡みでふと目に付いたのがこのシロップです。

色々調べてみたらこれが良いということなので、今ではバンバン生活に取り入れています。

ココナッツ花蜜シロップの効能

砂糖

ココナッツ花蜜シロップは、名前の通りココナッツの花蜜を煮詰めて作ったシロップタイプの甘味料です。

ビタミン食物繊維ミネラルが豊富で、おまけに低GI値。

GI値というのは、食事をしてから2時間後に血中に入る糖質の量を量った数値を言います。

60以下が理想だそうです。

ココナッツ花蜜シロップのGI値は35くらいらしいので、糖分としてはとても低いです!

ちなみに白砂糖、グラニュー糖、三温糖などは108、蜂蜜が87、メイプルシロップが72くらいらしいです。

砂糖、高ッ!!(ちょっと衝撃的…)

血糖値を指摘されても何をどうしたらいいのか分からないという方、とりあえず砂糖をココナッツ花蜜シロップに替えてみませんか?

砂糖GI値⇒108
ココナッツ花蜜シロップGI値⇒35

ですよ(^^;)

ただ、GI値が低いとはいえ果糖は含まれているので、際限なく摂取するというのはNGです。

果糖(フルクトース)の場合、ブドウ糖が血液中に出て最終的にエネルギー生産に使われるのに対し、肝臓でしか吸収、代謝されないので、大量摂取は肝臓に負担をかけることになってしまいます。

行き着く果てはメタボリックシンドローム脂肪肝です。

何にしても、ほどほどが良いってことですね(^^)

Sponsored Link

ココナッツ花蜜シロップ活用法

ココナッツオイル&シロップ

先に書いた通り、我が家ではココナッツオイルの高い抗菌作用を信じ、家族でココナッツオイルを摂取しています。

次女三女は大好きで自分から口を開けて待っているのですが、長女がどうしても受け付けないらしく、毎朝「口開けろ」「嫌だ」の厄介なやり取りをしています。

お互いにストレス半端ないのですが、病気になって辛い思いをさせるくらいなら、ここは心を鬼にして無理矢理にでも含ませないと!と決意して頑張っておりました。

ところが…。

あるとき、スプーンにすくったココナッツオイルに一滴ほど花蜜シロップを垂らしてあげたら、これがおいしかったらしく、すんなりと飲み込んでくれるようになったんですね(汗)。

今までの苦労はいったい…って感じです(^^;)

そして気になるお味のほうですが、黒糖にとてもよく似ています。

酸味があると書いているブログもありますが、只今我が家で使っている(株)ファインの濃縮ココナツ花蜜シロップは、得に酸味は感じませんでした。

黒糖となにがちがうんだろう?というくらい、黒糖そっくりの味です。

ココナッツオイル独特の香りもありません。

なので、砂糖の代わりに料理に使う分にはなんら問題はないです。

我が家では料理やオイルプリングに加える以外では、ヨーグルトやコーヒーに砂糖の代わりとして垂らしています。

甘みもしっかりしているので物足りないということはありません。

長女もココナッツオイルをちゃんと飲んでくれるようになったし、何と言っても低GI値で血糖値対策ダイエット対策にもなるし、栄養も豊富だし、今じゃ我が家の救世主です。

色はこんな感じ。
↓↓↓

シロップの色

焦げ茶!!

Sponsored Link

甘いものをやめる努力を

街灯

料理の調味料を砂糖からココナッツ花蜜シロップ、はたまたオリゴ糖に替えたというところまではいいとして、普段のおやつはどうするの?と心の中のもう一人の私がお叱り目に尋ねてきます(^^;)

このまま行ったら治療をしなければならなくなる、という場合も十分に考えられます。

糖尿病、怖いです。正直。

でも甘いおやつはやめられない…。

人間って本当に弱い生き物ですね。

欲求を抑えることが出来るだけの強い意志があればいいのに。

ギリギリにまで追い詰められないと自分を変えられないなんて…。

(ギリギリになっても、長年染みついた生活習慣は簡単には変えられないという現実)

まだ30代なのに糖代謝がグレー判定って、結構やばいかもしれないので、少しずつでも甘いもの、やめていこうかなと思います。

糖分の取りすぎは老化を早めるし、カンジダ菌にエサを与えることになるし、いいことない!

よし、頑張るぞ-!!

ってことで、今日はここらへんでおしまいです。

最後まで読んでくださってありがとうございましたー(^^)

 

 

応援よろしくお願いします!!
↓↓↓

健康と医療ランキング




[4種のオリゴ糖を独自配合]おとなのオリゴ

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。